京都の外壁塗装工事は、"株式会社 翼" にお任せ下さい!!


光触媒とは? ・・・・ 植物が行う 「光合成に」 良く似ています。

 「光合成」葉緑素を触媒として、水・二酸化炭素から酸素を作り出すように、
「ハイドロテクト」に使われている光触媒(酸化チタン)に光(紫外線)があたることで「分解力」と「親水性」を発生させます。
これにより、「セルフクリーニング効果(防汚効果)」と
「空気浄化効果」などが発揮されます。
 

分解力とは? ・・・・ 活性酸素が汚れを分解 付着力を弱めます。

 葉緑素である酸化チタンに光(紫外線)があたると酸化チタン表面に分解力
(酸化還元)をもつ活性酸素が発生し、さまざまな有機物を分解します。
カビや細菌の繁殖や汚れのこびりつきを抑えるとともに、大気汚染の原因となる
窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)を分解し、空気をキレイにします。
     
光(紫外線)があたると光触媒の表面に活性酸素が発生。 付着した汚れを活性酸素が分解し、付着力を弱めます。  付着力の弱くなった汚れは雨により流されます。 

親水性とは? ・・・・ 水がなじむ事で、汚れを落としやすくします。

 水をはじく「撥水性」に対し、水とのなじみがよくなることを「親水性」と言います。
水が汚れの下に入り込み、浮き上がることによって、汚れが流れ落ちます。
親水性は「塗膜表面の水の角度=接触角」であらわすことができ、接触角が小さいほど親水性は高くなります。 
 

太陽の光で、空気もキレイにします。 「空気清浄効果」

 光触媒には大気中の汚染物質(NOx、SOx)を分解する効果もあります。
だから家の周りの空気までキレイになるんです。
また赤外線を反射する材料を使っている
ので、ヒートアイランド現象の緩和にも役立ち、
地球にもやさしいのです。
 
 ハイドロテクトカラーコートの空気浄化力は通常の戸建て住宅1軒(150u)
あたりポプラ約15本分を植えることに等しい効果をもたらします。

環境問題・省エネにも貢献します。 「遮熱効果」

 赤外線の反射特性を持つ材料の採用により建物に蓄えられる熱を抑え、
大気への放熱を暖和する事で地球温暖化、ヒートアイランド現象の暖和に貢献します。
 
ハイドロテクトカラーコート   遮熱効果のない塗料
       
 赤外線を反射  蓄熱しないから
放熱もなし
昼は蓄熱  夜に放熱 
 ハイドロテクトカラーコートの空気浄化力は通常の戸建て住宅1軒(150u)
あたりポプラ約15本分を植えることに等しい効果をもたらします。